2013年10月31日

師と共に過ごせた10月

師の来日の為に動きだした昨年の1月以降、私は自分の活動は自発的には行なわず師の来日の事ばかり考え動いていた。昨年秋は残念ながら師の都合の為直前に中止となってしまったが、今年の冬に再度師との間で来日の話になった。私は器用にあれもこれも動かせるタイプではないし早急に色々物事を進めるのも性に合わないので、結果として2年近くこの10月の為に活動をしていた事になる。1日に空港へ師を迎えに行き、31日に無事インドへと出国された。

彼とは18年のお付き合いになる。インド音楽の師弟関係ではあるのだが、それ以上に大親友であり、兄弟であり、家族である。自分の人生を振り返っても、一緒に過ごした時間の長さが全てではないとはいえ、18年以上交流し続けている人は数える程しかいない。そんな彼と日本で過ごした10月は、今振り返ると「感謝」これに尽きる。

私は今まで色々な局面で奏者としてその場を迎える事が殆ど。つまりステージでスポットライトを浴びる立場だったのだが、今回は裏方としての役割だった。そういう役割は今までも当然した事があるのだが、企画・主催・運営と全ての事で自分が携わったのは初めての経験だった。おかげで色々な事が今まで以上によく見えた。
ひとつの公演に対してたくさんのスタッフが関わる。現状ではスタッフに報酬を支払うのは難しいのだが、彼らは金銭的な見返りを期待せず献身的に役割をこなす。そして奏者は素晴らしい演奏で人々の喝采を浴び報酬を手にする。現状手作りの公演というのはこういう状態である。

私達が一体どれ程の人々のお力添えで今まで活動してこられたのか。光の当たる場所で演奏をこなし感謝し報酬を手にしてきた時には、必ず光の当たらない所で無報酬で献身的に関わって下さった人達がいる。誰もがわかっている事ではあるが、彼ら彼女らから見た奏者という立場の私達は果たしてどうあるべきなのか。どういう「人間」であるべきなのか。この気持ちは今回とても強く再認識し、最後に師とも話したサブジェクトである。

私は師の演奏が大好きで、師の音が大好きで、師の人間が大好きである。
そんな彼の演奏をたくさんの人に届けたかったので、今回は本当に色々な方にお力添えを頂いた。おかげさまにて公演会場にも色々な方に足を運んで頂けた。数年連絡を取っていないような友人にも連絡を取り、たくさんの方が久しぶりに会いに来てくれた。師のケアもたくさんの人が協力してくれた。

本当にありがとうございます、という言葉では足りないと感じる程だがそれ以上の言葉もまた見つからない・・・それでもやはり、全ての方へ。私の為、師の為、公演を催して頂き、お力添えを頂き、公演を見に来て下さり、ケアして頂き、本当にありがとうございました。
yamadaike.jpg
posted by J at 21:00| Comment(0) | 日記

2013年09月14日

TIMEDOMAIN LIGHT

timedomainlight.jpgTIMEDOMAIN LIGHTというスピーカーを購入して一年近くエージングを済ませてみました。Yoshii9の音に感動してからTIMEDOMAIN音響システムはずっと私を虜にしている訳ですが、果たして2万円弱で購入可能なこの機種は如何でしょうか?
精華町のTIMEDOMAIN社で色々な機種を視聴させて頂いた時、正直どの機種も値段に比例してYoshii9の音をスケールダウンさせたという印象だったのですが、この機種だけは違う印象を持ちました。足りない部分は確かにあるのですが、Yoshii9以上に音がものすごく明瞭に感じたのです。ですのでちょっと質というか目指す方向性の「ある部分」が違うような印象です。
それから妙に気になってちょっと欲しくなってしまいまして、すぐまた精華町に足を運んで購入してしまいました。

さて当初ノートPCに繋いで音を出してみたのですが、確かにクリアなんだけどちょっと音が硬いかな?というファーストインプレッション。低音はかろうじて鳴っている。重低音は倍音しか鳴っていない。自分が持っているどのスピーカーよりも明瞭で透明感は素晴らしいけれども音自体が薄い。暫く聴いていると耳が痛くなってくる。
購入時に社の方から初めは音が硬いからエージングをお願いしますと言われていたので、これはまぁその通りだなと思いました。そして暫く音楽を再生し続けていると確かに少しずつ音が柔らかくなってきたのです。

インドで録音したコンサート音源を聴いてちょっと驚く程の臨場感を感じましたね。音の質としては低音部は置き方の工夫も必要ですが確かに鳴ってはいるのです。ですが重厚な出方はしませんので物足りないなと思っていましたが、段々そうでもなくなりました。慣れもあるのでしょうか。ですので音源によっては恐ろしい程の良質な響きをしてくれます。この機器の音を聴いていると、他で聴く音全てが篭って感じます。

興味本位で余っていたLogicool Z4のウーハーを追加してみました。ちょっと重低音を補完したらどうなるかな?程度だったのですがこれが大当たり。高品質な音響システムの出来上がりです。TIMEDOMAIN理論には反するかもしれませんが、TIMEDOMAIN LIGHT+ウーハーというのはかなりおすすめ出来る構成だと思います。
メインで使っているのはYoshii9の互換品であるDimension09なんですが、あちらはある程度以上の音量で聴いてこその機器ですのでこちらの構成と使い分けています。Dimension09はまた別の機会にレビューしますが、より自然な存在感・立体感・厚みなので比べるとこちらはややドンシャリ気味の傾向。トータルではあちらに軍配が上がるのは否めないですが、コストパフォーマンスではこちらでしょうか。ウーハーを入れても切っても楽しめますし、特に夜は小音量環境で重宝しますね。

とにかく強烈な個性で勝負してる機器でしょうか・・・この価格帯でこれ程クリアな音を出す機器は、知らないだけかもしれませんが無いと思います。PCや携帯プレイヤーに簡単に接続出来ますし、この価格帯で探すなら推奨出来るスピーカーです。
posted by J at 00:21| Comment(0) | レビュー

2011年08月17日

響 〜光のナーダ〜 summer season vol.3

tengei.jpg

毎月最終土曜日にAManTo天然芸術研究所にて開催中の月刊パフォーマンス。
今回はタブラ奏者の大橋一慶氏を迎えてインド古典音楽を演奏します。
お時間のある方、是非おいで下さいね。

2011/08/27(sat) at AManTo天然芸術研究所

sitar : J
tabla : 大橋一慶

大阪市北区中崎西1-1-18
開場 : 19:00 開演 : 19:30 / 料金: 2000円(電話予約でワンドリンクサービス)

予約&お問い合わせ
メール : tengei@amanto.jp
電話 : 070-5661-0186(たけもと) / 06-6371-5840(カフェ天人)

ka-o.jpg
タブラ奏者 大橋一慶
posted by J at 20:45| Comment(0) | ライブ告知