2011年07月14日

奏者の心得

楽器だけの事ではないが、やりはじめはよく伸びるのだが成長曲線というものは段々緩やかになる。
一定の所から先は、自分の中だけで大きな事が・・・他者からはその違いが理解しにくい事が・・・壁となって立ちはだかり、それをクリアするのも時には膨大な労力を使う。
そういうものの積み重ねは、やがて深みというものとして表現されると信じているのだが・・・。

よく言われる言葉に「本番では練習の10%しか出せない」というのがある。
100の練習だと本番では10くらいしか出せないので、100を出したければ1000の練習をしましょうとなる。
最近思うのだが、その10%を出来るだけ大きくする事がこれからは必要なのではないか。

時間的な制約、物理的な制約、個人差はあれど色々な諸事情があり、練習は質量ともに無限大に大きくしていける訳ではないからだ。
また練習はあくまでも奏者としての「修練」のひとつにすぎない。
人格形成、経験、人として生きていく中で色々な事が修練であり、奏者としての幅や奥行きに繋がっていくと信じている。

どんなジャンルでもそうだが、プロフェショッナルを突き詰めれば最後は精神状態の話になる。
10%を20%に、30%にしようとすると精神的により高い次元で安定していなければならない。
エゴが出ると必ず失敗する事は経験を通して本当に痛感している。

真っ白の状態で、シタールを演奏するのは自分ではなく、自分はあくまで媒体である。
心と心の外側の世界をある感覚でリンクさせ自分の意識はリスナーとして音楽に期待し、自分の体が演奏している事は意識の外に置く。
聴きたい音楽が間近で聴こえてくる。そういう状態が私の理想である。

心技体・・・わずか3文字のこの言葉には限りなく深い意味が込められているなと改めて思う。
posted by J at 13:04| Comment(3) | コラム
この記事へのコメント
始めまして.ありがとうごさいます!随分昔ラビシャンカールを始めて聴き!この音に幻覚を起こす事に気がつきました。音楽はイヤ音にです!恐ろしいと!故に宗教音楽が利用してきた!さて、長年聴いてて聴くは受け身では無いと言う事!聴いたキッカケが裡の中で膨らみ!実はそれを聴いてる!そう自分が演奏出来なくても演奏してると言う事!あの舘野泉さんからそれを感じた!

★エゴが出ると失敗する!
☆演奏するのは自分じゃない!
この事は全く相反する事ではないの?

実はそうじゃ無く!
デモそれに矛盾が生じないと言うのが!即興演奏と言うまさに!裡に秘めた想いを引き出す事!其処には既に覚醒し,既に自分と他人の境は消えている!
この音楽はまさに!
思い込みを(自分は自分だと思い込んでるだけだと!かんじています!故にそれを超えるべく!死を意識せずとも時間は流れる!そして、総てを捨てて消える、但し心配はない!生き様は生きてるヒトの心に宿ると言う事!故に精一杯あるがままを活きる!音は根源に通じる言語、音のあるない!はまさに生死を示唆してる、故に音と間、そのものに命は宿り!それを示唆してる!)越える事が出来る!それを知る!知恵ではないのでしょうか?この現在特に音楽離れの大きな原因が!音楽のこの様な素晴らしい効果を知らないだけ!音楽も受身に成ってるのも!当然かと!要するに知らないだけが!横行してる気がするのです!原因は巨大メディアが即対価の回収出来るモノしか紹介しないと言う事!デモ自然は凄い法律を冒してまでもYouTubeなるものが出来てくると言う事!

まさに!自然は凄い!
長く成りました!
感謝です!
Posted by Popi33 at 2011年12月04日 12:13
Popi33さんコメントありがとうございます。

★エゴが出ると失敗する!
☆演奏するのは自分じゃない!

これは・・・演奏するのは「自分じゃない」状態に持っていく事が大事だと思っていて、それが出来ず「エゴが出ると」という事なんです。

また何かございましたら宜しくお願いします。
Posted by J at 2011年12月05日 19:40
了解です!そう言う状態に成るのが実に難しい!総てが同じですが!その原因は実は上手くやろうと!する事が逆にアルガママをさらけ出すを拒む事に!其処に!行くには!覚醒するには!まさに!単純なリズムがこれを促し陶酔の域に導くヒントの様に感じてる!軽快なリズムはまさに!湧き上がる情念をかき消す!総ては逆だと感じる所です!ヒントは目立たないリズムがアルがママを引き出し脳内麻薬は溢れまさに!自分を越える!音楽はそれを実に解りやすく体感で教えてくれる!すべては、それ以前でもある!演奏が良いとか悪いとか?を越えた所にある気がするのです!キース・ジャレットの初期のサンベアコンサート40分を越える即興の過程にそれが感じる事が出来る!まさに!白紙に音を落とし出口を彷徨い苦しみ吐き出すという!経過に総てを!その覚醒へのヒントが満載!その入り口が即興演奏だと!
上手くやろうとする事がそれを拒むかと?
キースで音楽の聴き方が変わった!聴くは受身じゃない!
を教えて頂いた!感謝です!
Posted by popi33 at 2011年12月07日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]