2013年10月31日

師と共に過ごせた10月

師の来日の為に動きだした昨年の1月以降、私は自分の活動は自発的には行なわず師の来日の事ばかり考え動いていた。昨年秋は残念ながら師の都合の為直前に中止となってしまったが、今年の冬に再度師との間で来日の話になった。私は器用にあれもこれも動かせるタイプではないし早急に色々物事を進めるのも性に合わないので、結果として2年近くこの10月の為に活動をしていた事になる。1日に空港へ師を迎えに行き、31日に無事インドへと出国された。

彼とは18年のお付き合いになる。インド音楽の師弟関係ではあるのだが、それ以上に大親友であり、兄弟であり、家族である。自分の人生を振り返っても、一緒に過ごした時間の長さが全てではないとはいえ、18年以上交流し続けている人は数える程しかいない。そんな彼と日本で過ごした10月は、今振り返ると「感謝」これに尽きる。

私は今まで色々な局面で奏者としてその場を迎える事が殆ど。つまりステージでスポットライトを浴びる立場だったのだが、今回は裏方としての役割だった。そういう役割は今までも当然した事があるのだが、企画・主催・運営と全ての事で自分が携わったのは初めての経験だった。おかげで色々な事が今まで以上によく見えた。
ひとつの公演に対してたくさんのスタッフが関わる。現状ではスタッフに報酬を支払うのは難しいのだが、彼らは金銭的な見返りを期待せず献身的に役割をこなす。そして奏者は素晴らしい演奏で人々の喝采を浴び報酬を手にする。現状手作りの公演というのはこういう状態である。

私達が一体どれ程の人々のお力添えで今まで活動してこられたのか。光の当たる場所で演奏をこなし感謝し報酬を手にしてきた時には、必ず光の当たらない所で無報酬で献身的に関わって下さった人達がいる。誰もがわかっている事ではあるが、彼ら彼女らから見た奏者という立場の私達は果たしてどうあるべきなのか。どういう「人間」であるべきなのか。この気持ちは今回とても強く再認識し、最後に師とも話したサブジェクトである。

私は師の演奏が大好きで、師の音が大好きで、師の人間が大好きである。
そんな彼の演奏をたくさんの人に届けたかったので、今回は本当に色々な方にお力添えを頂いた。おかげさまにて公演会場にも色々な方に足を運んで頂けた。数年連絡を取っていないような友人にも連絡を取り、たくさんの方が久しぶりに会いに来てくれた。師のケアもたくさんの人が協力してくれた。

本当にありがとうございます、という言葉では足りないと感じる程だがそれ以上の言葉もまた見つからない・・・それでもやはり、全ての方へ。私の為、師の為、公演を催して頂き、お力添えを頂き、公演を見に来て下さり、ケアして頂き、本当にありがとうございました。
yamadaike.jpg
posted by J at 21:00| Comment(0) | 日記

2011年07月22日

ゼロ磁場地帯

長野県伊那市の分杭峠。ここにはゼロ磁場地帯と呼ばれるパワースポットがある事は有名ですね。
ゼロ磁場地帯とは何かといいますと
Googleの検索窓に「ゼロ磁場地帯」と入力してエンターを押すと出る結果です。

初めてその場所を訪れたのはもう3年前。嫁さんの実家から比較的アクセスしやすいので帰省ついでに行ってみました。
余談ですが嫁さんの実家は南アルプスの麓、秋葉街道を浜松側から天竜川と共にひたすら北へ進むと着くのです。
ぎりぎり静岡県。秘境と呼ぶには物足りず、我が家では魔境と呼んでおります。

魔境から車を北へ走らせ南アルプスの峠を越え、一気に峠を下り秋葉街道こと国道152号線をひたすら進むのです。
道中は殆ど聖地巡礼状態ですが、やがて大鹿村に入るんですね。大鹿村から分杭峠はすぐです。
当時は何もなく、ただ静かな空間に腰掛け椅子が置いてあるだけの場所。人が数人いて、皆さんそれぞれ癒しに来られていました。

インド音楽仲間のNさんAさん夫妻が大鹿村へ移住したのもあり、昨年も行こうとしたのですがあいにくの大雨。
それでも向かってみたら道中大変で、大鹿村手前で土砂崩れにより通行不可。引き返す羽目に。
帰りも雨が激しく道路は土砂崩れだらけになってしまいここを行けるのか?という非舗装道路を爆進、当時1歳の娘はキレて泣き叫び吐く始末、嫁さんは気分悪くなって終始無言という車外もカオス、車内もカオスコンボに陥ってしまいました。
いやぁ山を舐めてはいけません。本当に危ないのです。最後は道だか川だかわからない秋葉街道を何とか帰ってきました。
その夜のニュースではこのエリアの大雨自然災害が取り沙汰されていましたね。反省

・・・という事を踏まえ、今回は娘を楽なので魔境に置いて嫁さんとふたりで行こうとなり、先日行ってきました。
天候にも恵まれたのですが、Nさん情報によると分杭峠はもう車では行けなくなったとの事なので、Nさんと大鹿村で合流してから送ってもらったのです。

現場入り口にシャトルバスなんて発着してたりして・・・確かにいわゆる「ツーリスティック」な感じになってましたがまぁそれは仕方無し。さぁ癒すぞ〜とゼロ磁場地帯へ向かいました。
結構人が多いな・・・まぁ土曜日だしね・・・とか思いながら椅子に座ろうとしたら、見知らぬおじさんがいて石を手渡してきました。

私「ん?これはなんですか?」
見知らぬアヤシイおじさん「パワーストーンです」

そのおじさん、厳粛な雰囲気の場所なのでみんな静かにしてるなか若い女性限定でゼロ磁場地帯の詳細・・・ここでの呼吸法・・・等、手取り手取りのボディータッチ満載でレクチャーしっぱなし。
挙句の果てには「どんな症状も私が治してあげます」
それを聴いて自分は相手にされておらずキレた嫁さん「すいません静かにして貰えませんか!」

おじさんダンマリ。間が悪そうに退散。そこから流れた平和な時間。Nさんとの約束の時間もすぐに来て、合流後「こんなおじさんがいた」と話したら

Nさん「ああ、最近名物やねんその人達」

達・・・って事は他にもいるのか・・・あぁ・・・惜しいかなゼロ磁場地帯。まぁ有名になれば色々な人が集まってくるものですね。

その後Nさんの家で奥さんであるAさんお手製のインドカレーをご馳走になり、大鹿村ワイルド生活の一部を見せて頂きました。
実際住んでいると色々大変でしょうが、自然の中で暮らすのはやはり素敵ですね。また訪れてみたいと思います。
posted by J at 19:52| Comment(0) | 日記

2011年07月06日

degilog sitar life

気まぐれでブログを開設してみました。

シタールという楽器を演奏するという事は、それとその関わりを含めて自分の中で完全にアナログな世界なのです。
しかし他にやっている仕事は機械や電子機器の扱いなので、完全にデジタルな世界なのです。

3秒で決まったこのブログタイトルのdegilogとは、自分で勝手にデジタルとアナログをミックスした造語です。
ゆったり更新でしょうが、対局にあるこの二つの世界をマニアックに色々お話していくつもりです。
posted by J at 20:54| Comment(0) | 日記